フリーソフト*Jw_cadで編み図を描こう

出てくるコマンド《新規ファイル》《円》《図形》《円1/4》《点》《複写》《BL解》《直線》《範囲》

≪円形モチーフをデザインする−1≫

自分でモチーフをデザインするときに、考えた編み目でうまく納まるのか?とか、平らになるのか?とか心配になることがあると思います。そんな時は、CADで編み図を描いてみることでひとつの目安になります。
私が今編んでいるカフェカーテンのデザインをしたときの編み図を例に解説してみます。
円形モチーフが平らになる様にCADで描きながらデザインしました。
気を付けることは、1個目の編目記号を前段に配置するときは、クリックで前段の頭に正確に乗せることです。
もちろん、描きながら、編みながら、解きながら・・・の繰り返しでしたけどね。

例−カフェカーテン<フラワーフェスティバル>

大きな丸いモチーフを繋げて、隙間に小さな四角いモチーフを入れたデザインです。
まだ完成写真はありません(^_^;)これです

ファイルを作る

新規ファイル
ファイルに名前を付けて、用紙・縮尺の設定をする。
用紙<A-4>
縮尺<1/1>
大きな丸のモチーフをデザインする
何段になるか分からないので、1段目を1レイヤ、2段目を2レイヤ・・・で描くことにし、補助線を0レイヤで描くことにする。
1段目
四角いモチーフと繋ぐので、細編みを4の倍数の8目にする。
  1. 1レイヤを選択
  2. で、半径0.5の円を描く
  3. で、+の細編を呼び出す
  4. クリック、円の上側をクリック
  5. 円の中心に補助の点を打ちたいので、0レイヤ選択
  6. クリック
  7. 画面の上の『仮点』チェック
    (仮点は、印刷されなかったり、あとからまとめて消したりできます)
  8. クリック
  9. 円をクリック
  10. レイヤを1に戻す
  11. クリック
  12. 細編みをクリック
  13. 『基点変更』クリック
  14. 円の真中に描いた点をクリック
  15. 細編みを8目編みたいので、360度÷8=45度で、『回転角』で45を選択
  16. 「複写先の点〜」で、円の中心の点をクリック
  17. 『連続』ボタンをクリックして、1周並べる
  18. きれいに並んだので、立ち上がりの鎖を入れる
    で鎖編みを選択
  19. 画面の上の『90°毎』をクリック
  20. 上の細編みの隣に配置
  21. 『図形選択』で引抜編みを選び、『マウス角』をクリック
  22. 鎖の隣に程良い角度にして配置
2段目
各細編みに長編みを3目編み入れて、24目にしたい。
  1. 2レイヤを選択、1レイヤを2回クリックして表示のみにする
  2. から、長編みを選ぶ
  3. 一番上の細編みの上にクリックで乗せる
  4. 『マウス角』クリックして下図のように長編みをもう2個乗せる
  5. で、長編全部を選択
  6. 『基点変更』で、円の中心点をクリック
  7. 『回転角』45
  8. 円の中心点を右クリック
  9. 『連続』で1周する
  10. きれいに並んだので、立ち上がりを付ける
    から鎖編みを選び、『マウス角』クリックで並べる
    引抜編みも同様に。
  11. 長編みはまだ消さないで、あとからまとめて消す
3段目
1目飛ばした長編2目1度で1周編みたい。
  1. 補助線を引きたいので0レイヤ選択
  2. で『線色』を<補助線色>にし、『OK』
  3. 円中心点をクリック
  4. 『水平・垂直』チェックして真上に引く
  5. レイヤを3にして、レイヤ1と2は表示のみにする
  6. 『線色』を<線色2>に戻す
  7. で長編みを呼び出し
  8. 『マウス角』クリックして、長編みの上にクリック
    頭の真中が補助線に来るように配置(目分量で)
  9. 『マウス角』クリックしてもう一つ配置
  10. 『範囲』クリックし、範囲選択で両方の長編みを選択
  11. 『BL解』クリック
    (これで、長編みはブロックでなくなり、バラバラの線になった)
  12. 『消去』クリック
  13. 長編みの頭の線を2本ともクリックして消す
  14. クリックし、『水平・垂直』チェック、『寸法』<0.8>
  15. 長編みの頭をクリック、マウスを右に動かしてクリック
  16. 『移動』で横線を真中に移動する
  17. 『複写』で長編み2目1度を選択、『基準点変更』で円中心点選択
  18. 隣の長編みは、同じ長編みに編み入れたいので、360度÷12=30度で『回転角』<30>
  19. 複写先は円中心点
  20. 『連続』で1周する
  21. 隣との間は、鎖編で繋げるのでで鎖編を呼び出し、
  22. 『マウス角』クリックして番号順にクリック
  23. そのまま続けて鎖を並べる

    鎖3目で丁度納まった
  24. 『複写』で鎖3目選択し、30°で1周する
  25. 立ち上がりをつける
4段目
3段目と同じ様に編みたい
  1. 補助線を描きたいので0レイヤ選択
  2. 『線色』を<補助線色>にする
  3. で『傾き』を<75>にして円中心から引く
  4. 4レイヤを選択、1,2,3レイヤを表示のみにする
  5. 『線色』を<線色2>に戻す
  6. から長編みを『マウス角』で配置
  7. 3段目と同じ操作で二目一度を作る
  8. 『複写』で<30°>で1周
  9. から鎖編みを『マウス角』で配置し、並べる

    4目で丁度納まった
  10. 鎖4目を『複写』、『回転角』<30°>
  11. 立ち上がりを付ける

    (私はたいてい、こういう場合の立ち上がりは鎖2目で編む)
5段目
長編みを1周編みたい。
  1. 5レイヤを選択、他のレイヤを表示のみにする。
    これの、『All』をクリックすると、一度に変わる
  2. から長編みを呼び出し『マウス角』で立ち上がりの場所の長編みの上に配置
  3. 『回転角』<無指定>で程良い間隔に並べてみる

    間に5目で良さそうなので、きれいに並べ直して
  4. 『複写』『回転角』<30°>で1周並べる
  5. 立ち上がりを付ける
6段目
  1. 6レイヤを選択、他のレイヤを表示のみにする
  2. 編みたい模様を何目で納まるか並べてみる。
  3. うまく並んだら『複写』で1周並べる
  4. 立ち上がりを付ける

7段目
山の先端に細編みを編み、次の山の先端に鎖編みで繋ぎたい
  1. 7レイヤを選択、他のレイヤを表示のみにする
  2. で細編みを出し、『マウス角』で2個配置
  3. で鎖編みを出し、細編みの間を繋ぐ

    7目で丁度良かった
  4. 『複写』で『回転角』<30°>で1周並べる
  5. 立ち上がりを付ける
8段目
8レイヤで描く

前段の鎖は、鎖を割って長編みを編みつけます。
9段目
9レイヤで描く

前段の鎖は束に拾う
この段の長編みは、4目の方がきれいに納まるが、奇数にしたいので、無理やり5目にした。
10段目
Aレイヤで描く

『回転角』<15°>で『複写』
11段目
1レイヤに戻って描く

これで、円形大モチーフは完成です。
要らない線を消す
立ち上がりの鎖目に重なっている編目記号を『消去』で消したら編み図の完成です。

次に、この円形モチーフを並べたときに、隙間に丁度納まる大きさの小さな四角いモチーフを考えます。

≪次ページ≫
≪色々な編み図へ戻る≫
≪目次へ戻る≫
***************************************************************************
HOME

inserted by FC2 system