フリーソフト*Jw_cadで編み図を描こう

出てくるコマンド 《基本設定》 《用紙の設定》 《縮尺の設定》

≪設定をする≫

さあ、JWWを立ち上げてみましょう。ドキドキッ!

JWWを起動

JWWを起動
JWWのアイコンはこれです。

インストールの時に、スタートメニューに登録していればスタートメニューに入っています。
見つからなければ、C:jwwフォルダの中にあるこれを右クリックして『送る』→『デスクトップ』でショートカットをデスクトップに送っておきましょう。
JWWの画面
では早速、JWWを起動してみてください。

こんなシンプルな画面です。

基本設定をいじる

基本設定
使いやすくするために、最小限の設定をします。
この画面でいじるのはたった2ヶ所だけですからご安心を。
一般(1)タブ
上に並んでいるメニュー文字の『設定』をクリック→『基本設定』をクリック
こんなダイアログが出てくるので、『一般(1)』タブの中の『用紙枠を表示する』にチェック
一般(2)タブ
そのまま、上の『一般(2)』タブをクリックし、右下の方にある、マウスホイールのマイナスにチェック


『OK』で閉じます。

用紙を設定する

用紙枠
白い画面の枠いっぱいに、かすかにピンクの点線が出ているのが見えますか?
これが今『用紙枠を表示する』にチェックをしたために出てきた、用紙枠です。
この用紙枠を、A4の大きさに設定します。
A4に設定
下図の赤丸の中の左側(A−〜〜〜)をクリックして、『A−4』を選択します。

縮尺
次にその右隣(S=1/〜〜〜)をクリックして、出てきたダイアログで、

『全レイヤグループの縮尺変更』にチェックを付けて、そのすぐ下の『縮尺』の赤丸のところを<1>にして『OK』します。
すると、画面の右下の文字が「S=1/1」に変わります。
A4に実寸で印刷
これでピンクの点線がA4用紙の大きさになりました。(見かけは何も変わっていませんが)
そして、S=1/1というのは、実寸で印刷されるという意味です。
つまり、印刷をすると、ピンクの枠の中に描いた図形がA4用紙に実寸で印刷されます。
ピンクの枠線は印刷されません。
もしS=1/100だったら、A4用紙に1/100の大きさで印刷されるよ、ということです。
例えば、家の図面がA4用紙に1/100の大きさで丁度良く印刷できるわけです。

ではこのまま、次のページで、マウスの操作をしてみましょう。

≪次ページ≫
≪目次へ戻る≫
***************************************************************************
HOME

inserted by FC2 system