フリーソフト*Jw_cadで編み図を描こう

出てくるコマンド《図形》

≪図形の呼び出し≫

前回までで編み目記号の図形登録が出来ました。
いよいよ今度は、登録した記号を呼び出して、編み図を描いていきましょう。

一言で編み図といっても様々です。
手描きで描いた編み図をCADで描いたり、円形のモチーフをデザインしたり。

ですが、各編み図に共通している操作が《図形の呼び出し》です。
各説明に行く前に、《図形の呼び出し》についてここで説明します。

登録した図形を呼び出す―――《図形》

図形
まず、左にある『図形』をクリックします。
すると、このダイアログが出てきます。


ここで目的の図形が右側に並んでいない時は、左の窓でフォルダを選択します。
そして、上の三角をクリックして、<jws>を選択します。
<jwk>ではないことを確認してください。
長編で遊んでみよう
試しに長編みを呼び出してみましょう。
右の窓の長編みの上でダブルクリックします。
するとカーソルにくっついて(実際は0.2ミリ離れてますが)長編みが出てきますので、

補助線のてっぺんでクリックしてください。
これで、補助線の先端から長編みの頭までぴったり3ミリのところに配置できました。


続けてまだ長編みが出ているので、画面の上の『マウス角』をクリック


1つ目の長編みの頭の真ん中でクリック
マウスを自由に動かして角度を変えてクリック
図形を置いたところから水平右方向が0度になります

次は『倍率 』の三角をクリックして<2,2>を選択してみましょう。

<2,2>というのは、X方向2倍、Y方向2倍ということです。

角度を戻すには、『回転角』の三角をクリックして<無指定>にします。


別の記号を出したいときは、上の『図形選択』をクリックします。
終わりたいときは、別のコマンド、 等をクリックします。
記号を並べる
図形の呼び出しは、だいたいお解かりいただけたでしょうか?
『図形』で呼び出した編み目記号をたくさん並べたい場合は、図形呼び出しのまま並べるのではなく、『複写』コマンドで並べますので、希望の編み目記号をいくつか呼び出したら、終了してかまいません。

編み図とは関係ありませんが、JWWには建築のための図形が沢山用意されています。
興味がある方はちょっと覗いてみてください。

『図形』をクリックしたら、試しに左の窓でc:jwwをダブルクリックして《図形》〜〜〜を選んでみると、実に沢山の図形が登録されているのが分かります。これらは始めからJWWに用意されている図形です。建築関係の仕事に役立ちそうな図形がいっぱいですね!
ここでこれらの図形をダブルクリックすると、ビックリする位大きなのが出てきます。
何故かと言うと、私たちが描いているのは、A4用紙にたった1ミリ単位の記号です。でも、ここに並んでいるのは家の建具等です。大きさが違いすぎますよ!A4の用紙からは当然はみ出します。A4用紙に載せようと思ったら、1/100位にすれば丁度良いと思います。つまり、画面の右下の縮尺をS=1/100にしてからダブルクリックしてみると、うまく用紙内に収まります。
試してみたら、また縮尺を1/1に戻し、『図形』コマンドで、自分が記号を登録したフォルダを選択し直しましょう。

≪次ページ≫
≪目次へ戻る≫
***************************************************************************
HOME

inserted by FC2 system