輪で編むと細編みが斜傾する

編みぐるみやバッグなどを編む時、細編みを輪に編むと右に斜傾してしまいます。
かぎ針編みでは編目から針を引き抜くときは右に向かって引き抜くのでどうしても斜傾が強くなります。
これを出来るだけ押さえて編目を真っ直ぐに編みたいときは、針を編目から引き抜くたびに、かぎ針を意識して左に押すようにします。
使用する糸により差はありますが、結構真っ直ぐに編めます。

つまり、細編みの足になる部分が、前段の細編みの頭の中で、右に偏らない様にするのです。

***************************************************************************
戻る

inserted by FC2 system